晴れの日に行う

晴れの日に行う 外壁塗装を行うときに適した天候は、雨が降っていないこと、湿度が高くないこと、温度が5度以上あること、壁に結露がないことです。

雨の日に塗装をすると、せっかく塗った塗装が落ちてしまいますし、見た目には綺麗に濡れていてもあとから塗装が斑になって見栄えが悪くなったり、ひび割れてしまったりと、外壁塗装の効果を発揮することができなくなります。
外壁に塗られている塗装は家を守るものでもあるので、そのようなことは避けたいです。
塗装を行う際は、乾かすという工程が必要になります。
そのため、乾きやすくなる晴れの日が一番良いです。
もしも作業の途中で雨が降り出しそうな場合は、中止しておくほうが無難です。
中には雨の日でも施工しようとする業者もいるかもしれませんが、そもそも天候に左右される仕事ですので、ある程度の余裕は持ってスケジュールを組んでいるはずです。
せっかくお金を払って塗装を行うのですから、後から後悔しなくてもいいように、適した状況の中で施工できるようにすることがお勧めです。

外壁塗装の雨で先送りになる事も、天候の影響を受けやすい工事です

外壁塗装の雨で先送りになる事も、天候の影響を受けやすい工事です 昨今社会問題になって来ているのが建物の老朽化です。
橋や道路は一度作れば完成というわけではなく定期的に補修工事をしなければいけないです。
これは個人のマイホームも同様であり、長年の雨風に耐えた外壁や屋根に関しては、同じく定期的なメンテナンスが要ります。
外壁塗装をしなければ、台風で壁面が大きく劣化したり、住まいの寿命が極端に短くなるなど、デメリットは数多いです。

日本列島の天候は近年非常に乱暴になりました。
気が付いた時に外壁塗装を済ませておいた方が突如として発生する台風やゲリラ豪雨のリスクを軽減させられます。
外壁塗装は基本的に晴れの日に進められます。
天候が悪いと塗料の乾きが悪くなりますし、そもそも正しく壁面に付着しません。
そのためお天気の具合によって、スケジュールが先送りになる事もしばしばです。

六月から八月にかけてのお天気が崩れやすいシーズンに依頼すると、工事が思った通りに進まない可能性がありますので、出来れば大型連休の頃までに依頼しておきたいところです。

新着情報

◎2018/12/12

外壁塗装なら優秀な業者
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

晴れの日に行う
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

外壁塗装をしたいなら
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

中塗りまで行う外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

リシン吹きつけの外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「塗装 雨」
に関連するツイート
Twitter